• 本

環境問題に取り組むための移動現象・物質収支入門 現象の定式化・モデル化・データ解析の基礎

出版社名 丸善出版
出版年月 2014年9月
ISBNコード 978-4-621-08853-1
4-621-08853-X
税込価格 3,520円
頁数・縦 195P 21cm

商品内容

要旨

環境問題に取り組むためには、関与している現象を理解したうえで定量的に表し、結果を予測して対策を決めなければならない。しかし、環境中ではさまざまな現象が同時に起こり、それぞれが異なった学問領域と関連しているため、環境問題を複雑に見せている。本書は移動現象と物質収支という2つの考え方を軸に種々の現象を体系的にまとめ、モデル化を解説した入門書である。あわせて筆者の研究データをもとにデータのとり方やExcelを用いたデータ解析を解説し、学生だけでなく技術者にとっても有用な一冊である。

目次

環境問題に取り組むには
物質量の表し方と物質収支
物質収支の基本式
マクロの収支式
移動の駆動力と平衡
モデルのつくり方
モデルの特性と解法
環境測定の目的と誤差
データを用いたモデルの決定
データの分析・整理の方法
物質収支に着目したデータ分析の例
システム分析の例
Excelによる計算方法(ホームページにプログラム掲載)

著者紹介

松藤 敏彦 (マツトウ トシヒコ)  
北海道大学大学院工学研究院教授、廃棄物資源循環学会会長、環境科学会理事。1983年北海道大学大学院工学研究科博士課程衛生工学専攻修了、工学博士。専門分野は廃棄物工学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)