• 本

地域生活からみたスポーツの可能性 暮らしとスポーツの社会学

出版社名 道和書院
出版年月 2014年9月
ISBNコード 978-4-8105-2129-0
4-8105-2129-X
税込価格 3,080円
頁数・縦 245P 19cm

商品内容

目次

序章 なぜ、いま、“生活とスポーツ”なのか
第1章 農山村の生活構造とスポーツ―熊本県阿蘇郡小国町を事例に
第2章 ライフコースとスポーツ―熊本県阿蘇郡小国町・上益城郡御船町を事例に
第3章 障害者の生活構造とスポーツ―熊本県A町を事例に
第4章 混住化地域の生活構造とスポーツ―熊本県菊池郡大津町を事例に
第5章 地域組織活動とスポーツ―熊本県阿蘇郡小国町を事例に
第6章 農山村における地域スポーツ組織の社会的意味―大分県日田市中津江村を事例に
第7章 地域における少年サッカークラブの変遷過程と指導者の生活―熊本県熊本市を事例に
終章

著者紹介

後藤 貴浩 (ゴトウ タカヒロ)  
熊本県熊本市出身、熊本大学大学院社会文化科学研究科修了。スポーツ社会学、地域社会学専攻、博士(公共政策学)。熊本学園大学付属高校(1988‐1996)、熊本工業大学(1996‐2000)、群馬大学教育学部(2000‐2004)を経て、熊本大学教育学部准教授(2004‐現在)。NPO法人ひとづくりくまもとネット副理事長、一般社団法人熊本県サッカー協会常務理事、社会福祉士として知的障害者のスポーツ活動支援(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)