• 本

老いの味わい

中公新書 2289

出版社名 中央公論新社
出版年月 2014年10月
ISBNコード 978-4-12-102289-9
4-12-102289-0
税込価格 836円
頁数・縦 237P 18cm

商品内容

要旨

七十代後半の坂を登り切り、八十歳を超えた作家が見つめる老いの日々。身の回りには、薄い横線で消された名前の目立つ住所録。バッグは肩からすべり落ち、タタミから立ち上がるのに一苦労。そして頭に浮かぶ疑問は、なぜ歳を取ると何事も億劫になるのか、病気の話にかくも熱が入るのか、「ピンピンコロリ」は本当に理想なのか―。一年一年、新しい世界と向き合って歩む日常と思考を丹念に描いた、心に響くエッセイ。

目次

1 人生ノートの余白(歳月重ね、捨て難き物たち
無為の一日の後味 ほか)
2 老いとは生命のこと(ゆとりと怠惰、元気と焦りの間で
何もない平面の恐怖 ほか)
3 古い住所録は生の軌跡(物忘れが叶える境地
その時、こちらはもう… ほか)
4 転ばぬ先の前傾姿勢(八十代初頭の若さとは
転ばぬ先の前傾姿勢 ほか)
5 年齢は常に初体験(幼児の年齢、老人の年齢
キカイ馴染まぬ喫茶店 ほか)

著者紹介

黒井 千次 (クロイ センジ)  
1932年(昭和7年)東京生まれ。55年東京大学経済学部卒業後、富士重工業に入社。70年より文筆生活に入る。69年『時間』で芸術選奨新人賞、84年『群像』で第20回谷崎潤一郎賞、94年『カーテンコール』で第46回読売文学賞(小説部門)、2001年『羽根と翼』で第42回毎日芸術賞、06年『一日夢の柵』で第59回野間文芸賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)