• 本

劇薬

双葉文庫 わ−06−02

出版社名 双葉社
出版年月 2014年11月
ISBNコード 978-4-575-51728-6
4-575-51728-3
税込価格 820円
頁数・縦 493P 15cm

商品内容

要旨

死んだ当日、彼女は私に何かを打ち明けようとしていた…。小田切可憐は、食事を約束していた女性が飛び込み自殺をしたと知って絶句する。彼女と出会ったパチンコホールは、本名すら知らない女性達との気楽な関係と大当たりの時の高揚感が、可憐自身を救ってくれる場所だった。その中で最も美しく飾り立てて、充実した生活を送っていたように見えた彼女は、なぜ死んだのか?次々と明らかになっていく、嘘と虚飾に満ちた人間関係の真実と絡み合った欲望。現代社会で彷徨う女性達を息詰まる筆致で描いた傑作長編。

著者紹介

渡辺 容子 (ワタナベ ヨウコ)  
東京都生まれ、東京女学館短期大学卒業。92年「売る女、脱ぐ女」で第59回小説現代新人賞受賞。96年に『左手に告げるなかれ』で第42回江戸川乱歩賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)