• 本

K体掌説

出版社名 文藝春秋
出版年月 2014年11月
ISBNコード 978-4-16-390160-2
4-16-390160-4
税込価格 1,595円
頁数・縦 182P 18cm

商品内容

要旨

明快ながら深遠。飄々として真剣。短くも奇妙な物語たちの展覧会―。

目次

Kの1 一杯の酒を飲みながら月を待つというはかなり贅沢な遊戯なのではないかという物語。(落ちる首
月を見る猿 ほか)
Kの2 蜘蛛の糸が美しくあやういのはその儚い細さにあるのではないかという物語。(蜘蛛の糸
告知 ほか)
Kの3 なんだか嬉しい朝顔の咲いた朝。毎朝一度の恋。毎日一輪ずつの神サマからのプレゼントである物語。(朝顔少女
雨傘爺さん ほか)
Kの4 観覧車は春の乗りものである。かなしみとともに昇ってゆき去ってゆく夢とともにおりてくる物語。(観覧車
うちの猫 ほか)

出版社
商品紹介

Kは小噺のK、簡潔のK、奇態のK。つまり、Kなる態の掌編。これ即ち“K体掌説”と呼ぶ。小説に新たな旋風を巻き起こす新人登場。

著者紹介

九 星鳴 (イチジク セイメイ)  
1979年4月15日、東京都千代田区一ツ橋で生まれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)