• 本

世界で最もクリエイティブな国デンマークに学ぶ発想力の鍛え方

出版社名 クロスメディア・パブリッシング
出版年月 2014年12月
ISBNコード 978-4-8443-7385-8
4-8443-7385-4
税込価格 2,178円
頁数・縦 335P 19cm

内容詳細

要旨(情報工場提供)

北欧にある人口560万人ほどの小さな国、デンマーク。日本と同様に国土面積が限られ、天然資源にも恵まれていないにもかかわらず、国民一人当たりのGDPで日本を上回るなど、高い国際競争力を有している。その秘訣の一つは「クリエイティビティ」だ。玩具メーカーのLEGOをはじめとするアイデアあふれる企業が数多く存在するデンマークは「世界一クリエイティブな国」とも賞される。本書では、デンマークの企業や組織、そこで活躍する人を対象としたインタビューをもとに、同国の強さの秘訣であるクリエイティビティがどのように生まれているのかを明らかにしている。著者のクリスチャン・ステーディル氏はスポーツブランドhummelのオーナーでトアニコグループCEO。リーネ・タンゴー氏はオールボー大学心理学教授。

(要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2015年02月04日])

→情報工場SERENDIP×e-hon 会員限定キャンペーンページはこちら!

商品内容

要旨

なぜ、北欧の小国から世界一のレストランnomaは誕生したのか。

目次

誰もがもっとクリエイティブになれる!
既存の枠の限界ぎりぎりへ足を踏み出す
情熱は創造プロセスの原動力―ウィー・ラヴ・ピープル(広告会社)
人魚姫とデートする―ビャルケ・インゲルス(建築家)
受け継がれる天才の仕事―アンドレアス・ゴルダー(アーティスト)
疑念と不安を力に変える―ソレン・ラステッド(AQUA)アレクサンダー・グルピン(バレエダンサー)
ブレイクスルーを得る方法を見つける―ケネト・ベーヤ(DJ)
薬物でクリエイティビティは高まるのか?
クリエイティブな企業文化―LETT法律事務所ラクトサン(チーズ製造)
ブレイクスルーの快感、クリエイティブな作業空間―ペアニレ・オーロン(作家・雑誌編集者)
既存の枠の限界ぎりぎりで仕事をする―人気ドラマ、青いゾウ、そしてレゴ
ビジネスにおける情熱―インゴルフ・ゲーボルト(TVドラマ制作者)
クリエイティビティを管理する―王立劇場、軍、テレビ局
マニフェストとアイデアの爆発―世界一のレストラン・ノーマ
従業員から創造性を引き出すには―ノーマのサタデー・セッション、レゴ、アイデアを生み出す組織
隠れた鉱脈を探す―エイミー・ジェイムズとtattodo.com
学校とクリエイティビティの再生―ヘアロフスホルム校
デンマークのクリエイティビティモデル

著者紹介

ステーディル,クリスチャン (ステーディル,クリスチャン)   Stadil,Christian
スポーツ衣料メーカーhummel(ヒュンメル)のオーナーで、海運、テクノロジー、食品、不動産などの事業を所有するトアニコグループのCEO。グローバルな事業展開と、デザインやイノベーション志向の経営で注目されている
タンゴー,リーネ (タンゴー,リーネ)   Tanggaard,Lene
オールボー大学の心理学教授で、同大の「クリエイティビティに関する文化心理学国際センター」共同ディレクター。職場におけるクリエイティビティやイノベーションについての著書があり、雑誌寄稿や講演活動も行っている
関根 光宏 (セキネ ミツヒロ)  
翻訳家。慶應義塾大学法学部卒。立教大学大学院文学研究科博士課程後期課程単位取得
山田 美明 (ヤマダ ヨシアキ)  
翻訳家。東京外国語大学英米語学科中退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)