• 本

電磁気学

物理学講義

出版社名 裳華房
出版年月 2014年11月
ISBNコード 978-4-7853-2246-5
4-7853-2246-2
税込価格 2,700円
頁数・縦 244P 21cm

商品内容

要旨

はじめて電磁気学を学ぶ人を対象とした、やさしい教科書・入門書である。学習者の理解を高めるために、各章の冒頭には学習目標を提示し、章末には学習した内容をきちんと理解できたかどうかを学習者自身に確認してもらうためのポイントチェックのコーナーが用意されている。さらに、本文中の重要箇所については、ポイントであることを示す吹き出しが付いており、問題解答には、間違ったり解けなかった場合に対するフィードバックを示すなど、随所に工夫の見られる構成となっている。また、なぜそのようになるのか、なぜそのように考えるのか、という点について、一般的にはあまり解説がなされていないようなことについても触れられている。

目次

電荷と電場
静電場
静電ポテンシャル
静電ポテンシャルと導体
電流の性質
静磁場
磁場とベクトル・ポテンシャル
ローレンツ力
時間変動する電場と磁場
電磁場の基本的な法則
電磁波と光
電磁ポテンシャル

出版社・メーカーコメント

丁寧でわかりやすい解説で定評のある松下貢先生ご執筆による電磁気学の教科書・入門書。姉妹書の『物理学講義 力学』や『物理学講義 熱力学』と同様に、学習者の理解を高めるために、各章の冒頭には学習目標を提示し、章末には学習した内容をきちんと理解できたかどうかを学習者自身に確認してもらうためのポイントチェックのコーナーが用意されている。さらに、本文中の重要箇所については、ポイントであることを示す吹き出しが付いており、問題解答には、間違ったり解けなかった場合に対するフィードバックを示すなど、随所に工夫の見られる構成となっている。また、本書の大きな特徴として、「なぜそのようになるのか」「なぜそのように考えるのか」という点について、一般的にはあまり解説がなされていないようなことについても触れた。

著者紹介

松下 貢 (マツシタ ミツグ)  
1943年富山県出身。東京大学工学部物理工学科卒、同大学院理学系物理学博士課程修了。日本電子(株)開発部、東北大学電気通信研究所助手、中央大学理工学部助教授、教授を経て、同大学名誉教授。理学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)