• 本

南極から地球環境を考える 2

南極の自然・環境Q&A

ジュニアサイエンス

出版社名 丸善出版
出版年月 2014年11月
ISBNコード 978-4-621-08868-5
4-621-08868-8
税込価格 3,300円
頁数・縦 47P 29cm
シリーズ名 南極から地球環境を考える

商品内容

要旨

南極というと、きみはなにを思いうかべますか?ペンギン、氷、オーロラ、ものすごい寒さ…?南極って、どこにあるの?人はすんでいるのかな?さまざまな疑問がわいてきませんか?このシリーズは、南極観測がどうしておこなわれているのか、そもそも南極は、いったいどんなところなのか、南極観測でどんなことがわかるのかなど、たくさんの疑問を解きあかす本です。

目次

1 南極大陸のひみつ(南極大陸はどこにあるの?
南極の氷の下はどうなっているの?
南極の氷はどうやってできるの?
氷山は海がこおってできたもの?
南極の海はどれくらい冷たいの?)
2 南極の気候と自然現象(南極はなぜ寒いの?
南極では1日中まっくらな日があるってほんと?
南極は風がなくてしずかなの?
南極で雨はふるの?
オーロラはどんなお天気のときに出るの?)
3 南極の生きもの(ペンギンはなぜこごえないの?
南極のクジラがいるの?
南極の魚はこおらないの?
南極でいちばん数の多い動物は?
南極に鳥はいるの?
南極にはどんな植物が生えているの?)

出版社
商品紹介

自然がつくり出す神秘的な現象、極寒の地に暮らす生きものの生態について豊富な写真とイラストを交えながらQ&A方式で解説。