• 本

時をかけるゆとり

文春文庫 あ68−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2014年12月
ISBNコード 978-4-16-790253-7
4-16-790253-2
税込価格 671円
頁数・縦 271P 16cm

商品内容

要旨

就職活動生の群像『何者』で戦後最年少の直木賞受賞者となった著者。初エッセイ集では天与の観察眼を縦横無尽に駆使し、上京の日々、バイト、夏休み、就活そして社会人生活について綴る。「ゆとり世代」が「ゆとり世代」を見た、切なさとおかしみが炸裂する23編。

目次

学生篇(便意に司られる
ダイエットドキュメンタリーを撮る
地獄の100キロハイク
他学部の授業で絶望する
モデル(ケース)体験をする ほか)
社会人篇(直木賞を受賞しスかしたエッセイを書く
直木賞で浮かれていたら尻が爆発する
若手システムエンジニアになりすます)

出版社・メーカーコメント

戦後最年少直木賞作家の初エッセイ集 就活生の群像『何者』で戦後最年少の直木賞受賞者となった著者。この初エッセイ集では、天与の観察眼を駆使し、上京の日々、バイト、夏休み、就活そして社会人生活について綴る。「ゆとり世代」が「ゆとり世代」を見た、切なさとおかしみが炸裂する23編。『学生時代にやらなくてもいい20のこと』改題。”圧倒的に無意味な読書体験”があなたを待っている!?

著者紹介

朝井 リョウ (アサイ リョウ)  
1989(平成元)年、岐阜県出身。早稲田大学文化構想学部卒業。2009年「桐島、部活やめるってよ」で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。13年『何者』で第148回直木賞を受賞し、14年『世界地図の下書き』で第29回坪田譲治文学賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)