• 本

Rubyのしくみ An Illustrated Guide to Ruby Internals

出版社名 オーム社
出版年月 2014年11月
ISBNコード 978-4-274-05065-7
4-274-05065-3
税込価格 3,456円
頁数・縦 381P 21cm

商品内容

要旨

Rubyスクリプトはどんな道筋で実行されるのか?その舞台裏を、手順や図でわかりやすく解説。まつもとゆきひろ氏の序文と、YARV開発者である笹田耕一氏による書き下ろし付録つき。

目次

第1章 字句解析と構文解析
第2章 コンパイル
第3章 Rubyはどのようにコードを実行するか
第4章 制御構造とメソッドディスパッチ
第5章 オブジェクトとクラス
第6章 メソッド探索と定数探索
第7章 ハッシュテーブル:Ruby内部の働き者
第8章 Lispから借用したアイデア
第9章 メタプログラミング
第10章 JRuby:JVM上のRuby
第11章 Rubinius:Rubyで実装されたRuby

出版社
商品紹介

本書はVMベースのインタプリタ型言語処理系であるRubyがコードをどのように解釈し、どうやって実行するかを解説した書籍。

著者紹介

ショーネシ,パット (ショーネシ,パット)   Shaughnessy,Pat
コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーで働くRubyプログラマ。もともとはMITで物理学を専攻していた。その後は20年以上をソフトウェア開発者として過ごしてきた。流暢なスペイン語を扱え、スペイン北部にある妻の実家を頻繁に訪問。現在は妻と2人の子どもと一緒に、ボストン郊外で暮らしている
島田 浩二 (シマダ コウジ)  
札幌在住のRubyist。株式会社えにしテックの創業者、代表取締役社長。2007年にRuby札幌を始め、2011年からは、一般社団法人日本Rubyの会の理事も務めている
角谷 信太郎 (カクタニ シンタロウ)  
株式会社永和システムマネジメントフェロー。一般社団法人日本Rubyの会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)