• 本

バイリンガルな夢と憂鬱

出版社名 人文書院
出版年月 2014年11月
ISBNコード 978-4-409-16096-1
4-409-16096-6
税込価格 3,024円
頁数・縦 277P 20cm

商品内容

要旨

複数言語状況に陥った文学者たちの表現をめぐる選択や闘争―言語的な生に肉薄するディアスポラ文学批評。

目次

1 バイリンガルな白昼夢
2 植民地の多言語状況と小説の一言語使用
3 カンナニの言語政策―湯淺克衞の朝鮮
4 バイリンガル群像―中西伊之助から金石範へ
5 在日朝鮮人作家と「母語」問題―李恢成を中心に
6 「二世文学」の振幅―在日文学と日系文学をともに見て

著者紹介

西 成彦 (ニシ マサヒコ)  
1955年岡山県生れ、兵庫県出身。東京大学大学院人文科学研究科比較文学比較文化博士課程中退。熊本大学助教授を経て、立命館大学先端総合学術研究科教授。専門は比較文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)