• 本

ボケてたまるか! 62歳記者認知症早期治療実体験ルポ

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2014年12月
ISBNコード 978-4-02-331355-2
4-02-331355-6
税込価格 1,320円
頁数・縦 247P 19cm

商品内容

目次

第1章 もしかして認知症!?(不安で「もの忘れ外来」に駆け込んだ
1日に2回も頭の精密検査 ほか)
第2章 仲間とのトレーニング(体力測定で不摂生な生活を反省
ボケ記者と言われてもいいと告白 ほか)
第3章 笑いと汗と格闘の日々(体は健康になったが脳はまだまだ
画家の安野光雅さんの励ましと美術療法 ほか)
第4章 三歩進んで二歩下がる(テレビ出演でピエロになった記者
山藤章二さんと回想法の会話 ほか)
第5章 まだまだ、ボケてたまるか!(デイケアでできた仲間との会話の効果
認知症患者を支える家族の深い悩み ほか)

出版社
商品紹介

60歳を超えた記者に「ボケ」の不安が。大学病院の「もの忘れ外来」、早期治療、患者との交流ほか、実体験する渾身のルポ。

著者紹介

山本 朋史 (ヤマモト トモフミ)  
1952年、福岡県生まれ。毎日新聞社を経て83年、朝日新聞社入社。横浜支局に配属されたのち、86年から週刊朝日編集部へ。記者としてリクルート事件、KSD事件、オウム事件などを取材、副編集長を経て編集委員に。現在も編集委員として、取材や連載編集などに携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)