• 本

花の懸け橋

集英社文庫 お74−5 浪花ふらふら謎草紙

出版社名 集英社
出版年月 2014年12月
ISBNコード 978-4-08-745267-9
4-08-745267-0
税込価格 518円
頁数・縦 200P 16cm

商品内容

要旨

大坂の旅篭「さと屋」の看板娘で、町案内を生業にする花歩。ついに生き別れの実の父と再会するが、幼い頃に花歩が置き去りにされた理由と父の身の上は、思いもかけないものだった。これからは実父と共に暮らすことにするのか、それとも養父母が営む「さと屋」を継ぐのか、武士である千代太郎との身分違いの縁談を受けるのか―花歩に、決断の時がせまる。人情時代小説シリーズ、堂々完結!

出版社・メーカーコメント

ついに父親との再会を果たす花歩。置き去りにされた理由も明らかになるが、千代太郎との縁談や、養父母の宿を継ぐかなど、悩みは解決しないままで……浪花の人情時代小説、ついに完結!(解説/日下三蔵)

著者紹介

岡篠 名桜 (オカシノ ナオ)  
大阪府出身。「空ノ巣」で2005年度ノベル大賞・読者大賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)