• 本

人と企業はどこで間違えるのか? 成功と失敗の本質を探る「10の物語」

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2014年12月
ISBNコード 978-4-478-02977-0
4-478-02977-6
税込価格 1,980円
頁数・縦 363P 19cm

内容詳細

要旨(情報工場提供)

資本主義体制が確立して以来、いつの時代も企業は時代の波に翻弄されながらも、利潤拡大や社会貢献、そして自らの存続に向けて努力してきた。そしてどの企業にも成功や失敗のストーリーがあるはずだ。本書には、そうした企業と、そこを舞台に活躍する人々の10(原書では12)の物語が収められている。これらは1959年から69年にかけて執筆された実話である。いずれも、株価大暴落、不祥事、マーケティングの失敗など、米国経済史上の転機となるような出来事に関連するストーリーだ。本ダイジェストでは、GE(ゼネラル・エレクトリック)が関与した談合入札と価格協定の不祥事に関するストーリーである第5章「コミュニケーション不全」を取り上げる。著者は雑誌「ニューヨーカー」元記者の作家(故人)。本書は、ウォーレン・バフェット氏から「最高のビジネス書」として紹介されたビル・ゲイツ氏の愛読書としても知られる。

(要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2015年1月30日])

→情報工場SERENDIP×e−hon 会員限定キャンペーンページはこちら!

商品内容

要旨

ウォーレン・バフェットからビル・ゲイツに渡され、20年間読み続けられた最高のビジネス書。

目次

第1章 伝説的な失敗―フォード社エドセルの物語
第2章 公正さの基準―テキサス・ガルフ・サルファー社インサイダー事件
第3章 ゼロックス、ゼロックス、ゼロックス、ゼロックス
第4章 もう一つの大事件―ケネディの死の裏側で
第5章 コミュニケーション不全―GEの哲学者たち
第6章 最後の買い占め―メンフィスの英雄、かく戦えり
第7章 二つめの人生―ある理想的なビジネスマンの記録
第8章 道化の効能―いくつかの株主総会にて
第9章 束の間の大暴落―永遠のホセ・デ・ラ・ヴェガ
第10章 営業秘密の変遷―ダンス、クッキー、宇宙服

著者紹介

ブルックス,ジョン (ブルックス,ジョン)   Brooks,John
1920年生まれ、1993年没。雑誌『ニューヨーカー』で金融経済関係を専門とする記者として長年勤務したほか、フィクション・ノンフィクションの両分野で多くの著書を残した
須川 綾子 (スガワ アヤコ)  
翻訳家。東京外国語大学外国語学部英米語学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)