• 本

三人寄れば、物語のことを

出版社名 青土社
出版年月 2015年1月
ISBNコード 978-4-7917-6836-3
4-7917-6836-1
税込価格 1,512円
頁数・縦 184P 20cm

商品内容

要旨

当代きっての物語の書き手でありまた読み手でもある3人の作家が、お互いの作品を時にするどく時になごやかにあますところなく語り尽くす!

目次

1 「こちら」と「むこう」が出会うとき―物語の生まれる場所(全ては繋がっている
物語の始まり
似ている、似ていない ほか)
2 物語を紡ぐ女神―世界の襞へわけいる力(「ひとりの女の子」の物語
「こういう技があったか!」
唯一の正解の道を辿る奇跡 ほか)
3 乱調が織りなすリアル―子どもたちは“物語”と遊ぶ(無自覚の変拍子?
禁断の領域へ
丁寧に見つめることのリアル ほか)

出版社・メーカーコメント

三人の物語の秘密が解き明かされる! ? 〈守り人〉シリーズ、『獣の奏者』、『西の善き魔女』、『RDG レッドデータガール』、『一瞬の風になれ』、『シロガラス』… 当代きっての物語の書き手でありまた読み手でもある3人の作家が、 お互いの作品を時にするどく時になごやかにあますところなく語り尽くす!

著者紹介

上橋 菜穂子 (ウエハシ ナホコ)  
1962年生まれ。1989年『精霊の木』でデビュー。『精霊の守り人』で野間児童文芸新人賞他を受賞、以後“守り人”シリーズとして書き継ぐ。2014年、国際アンデルセン賞作家賞を受賞
荻原 規子 (オギワラ ノリコ)  
1959年東京都生まれ。1988年に『空色勾玉』でデビュー、日本児童文学者協会新人賞を受賞。1993年『これは王国のかぎ』で産経児童出版文化賞を受賞
佐藤 多佳子 (サトウ タカコ)  
1962年東京都生まれ。1989年「サマータイム」でMOE童話大賞を受賞してデビュー。『一瞬の風になれ』で本屋大賞、吉川英治文学新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)