• 本

晴れた日は謎を追って

創元推理文庫 Mん8−1 がまくら市事件

出版社名 東京創元社
出版年月 2014年12月
ISBNコード 978-4-488-40057-6
4-488-40057-4
税込価格 990円
頁数・縦 364P 15cm

商品内容

要旨

不可能犯罪ばかりが起こる街、蝦蟇倉市。賑やかな商店街や老婦人が営む和菓子屋があり、いわくつきの崖や海を望むホテルがあるこの街は、一見のどかなようで、どこかおかしい。蝦蟇倉警察署には“不可能犯罪係”が存在し、スーパーの駐車場では怪しい相談屋が事務所を開いている。この街の日常は、いつも謎に彩られている。第一線で活躍する作家たちによる、不思議な街の道案内。

著者紹介

伊坂 幸太郎 (イサカ コウタロウ)  
1971年生まれ。千葉県出身。2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞してデビュー。04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年「死神の精度」で第57回日本推理作家協会賞を受賞。08年『ゴールデンスランバー』が第21回山本周五郎賞を受賞、本屋大賞1位にも選ばれた
大山 誠一郎 (オオヤマ セイイチロウ)  
1971年生まれ。埼玉県出身。2002年「彼女がペイシェンスを殺すはずがない」をe‐NOVELSに発表してデビュー。翻訳書を出す傍ら、04年『アルファベット・パズラーズ』を刊行して本格的にデビュー。13年『密室蒐集家』で第13回本格ミステリ大賞を受賞
伯方 雪日 (ハカタ ユキヒ)  
1970年生まれ。京都府出身。書店勤務を続ける傍ら、執筆活動も展開。03年「必然なる偶然」が『創元推理21』に掲載されてデビュー
福田 栄一 (フクダ エイイチ)  
1977年生まれ。愛媛県出身。2003年『A HAPPY LUCKY MAN』を刊行してデビュー
道尾 秀介 (ミチオ シュウスケ)  
1975年生まれ。東京都出身。2004年『背の眼』で第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞してデビュー。07年『シャドウ』で第7回本格ミステリ大賞、09年『カラスの親指by rule of CROW’s thumb』で第62回日本推理作家協会賞を受賞して、注目を集める。10年『龍神の雨』で第12回大藪春彦賞、同年『光媒の花』で第23回山本周五郎賞、翌年『月と蟹』で第144回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)