• 本

史跡・都市を巡るトルコの歴史 歴史を歩く 古代から20世紀までの文明を探る

出版社名 ベレ出版
出版年月 2015年1月
ISBNコード 978-4-86064-420-8
4-86064-420-4
税込価格 2,052円
頁数・縦 359P 19cm

商品内容

要旨

トルコ各地の史跡・旧跡・博物館などでの見聞を紹介しながら、トルコの通史を描く!キリスト教・イスラム教の二大帝国が存在したトルコの歴史的実像に迫る!

目次

第1部 古代文明期(カッパドキア―興亡の歴史の始まり
ハットゥシャ―初代アナトリア王国ヒッタイト ほか)
第2部 ローマ帝国(アンティオキア、エフェソス―キリスト教の誕生
ゼウグマ、メリテネ―東方のローマ軍団都市 ほか)
第3部 ビザンツ帝国(エデッサ、ハラン―イスラム教の誕生
マラズギルト、ニカイア―十字軍とセルジュク軍 ほか)
第4部 オスマン帝国(前)(ボスポラス海峡―征服王メフメット二世の再建
フェネル―ギリシア人貴族の町 ほか)
第5部 オスマン帝国(後)(ベイオウル―西欧化の光と影
鉄道―帝国主義と第一次世界大戦 ほか)

出版社
商品紹介

トルコ各地の史跡・旧跡・古都・博物館などを巡り、その見聞を語りながら古代から20世紀前葉までのトルコの歴史を描いていく。

著者紹介

野中 恵子 (ノナカ ケイコ)  
1965年高知県生。関西学院大学文学部卒。トルコ評論家・トルコ語通訳。学生時代に「トルコ」の魅力と潜在性を発見し、以降一貫して単独の徹底取材により、リベラルでフェアな着眼点からトルコの社会、政治、歴史、文化などを論じる著述発表を続ける。社会を映す媒体としての現代トルコ映画への傾倒も深く、東京国際映画祭などでの通訳・字幕監修他、トルコ映画評論などにも携わる。日本開催のトルコ関連の文明展カタログ翻訳多数。慶應義塾大学非常勤講師、NHKワールドニュース・トルコTRT通訳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)