• 本

剣客花道

双葉文庫 く−20−01 鬼がらす恋芝居

出版社名 双葉社
出版年月 2015年1月
ISBNコード 978-4-575-66710-3
4-575-66710-2
税込価格 652円
頁数・縦 265P 15cm

商品内容

要旨

本所のボロ長屋で不遇をかこつ剣豪「鬼がらす」こと烏森堅四郎の隣に、花形役者の揚羽恋之介が越してきた。長屋の女たちを目で殺す恋之介に猛反発する堅四郎。だが、否応なく観に行かされた恋之介の芝居に大感激し、一転弟子入りを志願する。国惑する恋之介は無理難題をふっかけるが―!?前代未聞の凸凹師弟が、お江戸の難事件を鮮やかに解決!ドラマ『猫侍』で注目の黒木久勝が放つ痛快デビュー作。

著者紹介

黒木 久勝 (クロキ ヒサカツ)  
1973年、大阪市出身。高校卒業後、映画『東京フィスト』のスタッフとして参加するために上京。以降、塚本晋也監督の助監督を務める。また、フリーのディレクターとして、テレビ番組制作に従事。2007年、映画『悪夢探偵』で脚本家デビュー。『剣客花道 鬼がらす恋芝居(一)』(双葉文庫)が自身初の小説となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)