• 本

ダンジョン飯 1

BEAM COMIX

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2015年1月
ISBNコード 978-4-04-730153-5
4-04-730153-1
税込価格 670円
頁数・縦 191P 19cm
シリーズ名 ダンジョン飯

書店レビュー 総合おすすめ度: 全3件

  • 全く新しいタイプのグルメ漫画

    重版になるたびに即品切れになる超人気マンガ。今現在Amazonレビューで5つ星を178も取得している超話題の異例作です。ダンジョンをただ普通に冒険するマンガなら今まであったと思うがダンジョンのモンスターを料理して食べていくマンガは初めてでは?ダンジョンファン、ドラクエファンだけならずグルメ漫画ファンにもオススメです。シュールな場面が多く笑えます。

    (2015年5月1日)

  • ファンタジー作品は数あれど、モンスターを美味しく食べるコツを教えてくれるグルメ本(?)はなかったのではないでしょうか。ダンジョン内で主人公たちの食べているものと言えば干し肉だの、焼いただけの肉だの、木の実だの、あきらかに栄養の偏ったものばかり。そんなことでモンスターを倒せるのか?ダンジョンを攻略できるのか?という問題を解決するべく、上手にお料理しながら食べ進んでいくのです。(本来の目的はドラゴン退治ですが)ゲームで見慣れたモンスターが丁寧にお料理されていく様は不思議で新鮮です。それにどれもおいしそう・・。スライムなんてくずきりみたい。絶対美味い!!味を想像しながら読むのもまた、楽しいですよ。九井諒子さんは他にも3冊短編集を出しています。どれもファンタジカルですこし不思議な作品ばかり。竜をさばいて食べる話もあります。「なにか面白い本ないかな?」を叶えてくれること間違いなしです!是非手に取ってみてください。おすすめ短編集『竜の学校は山の上』 イースト・プレス刊『竜のかわいい七つの子』 エンターブレイン刊『ひきだしにテラリウム』 イースト・プレス刊

    (2015年3月27日)

  • RPG経験者必読!!

    「竜の学校は山の上」で鮮烈なデビューを果たした九井諒子さん初の長編がついに発売されました。
    独自の視点で捉えた世界観は、いつも見えている世界が一変するような気持ちにさせられます。
    その九井ワールドがこれでもかと展開されている「ダンジョン飯」。
    仲間を集め、武器をそろえ、知略をめぐらし戦ってきたあなたにこそ読んでほしい!
    ダンジョン攻略に必要なものは?剣?鎧?いいや鍋と調味料だ!! 

    (2015年2月11日)

他の書店レビューを見る

出版社・メーカーコメント

待ってろドラゴン、ステーキにしてやる! 九井諒子、初の長編連載。待望の単行本化! ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう……。そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう!」スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!! 襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、ダンジョンの踏破を目指せ! 冒険者よ!!