• 本

「日本人と英語」の社会学 なぜ英語教育論は誤解だらけなのか

出版社名 研究社
出版年月 2015年1月
ISBNコード 978-4-327-37821-9
4-327-37821-6
税込価格 2,808円
頁数・縦 284P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「これからの社会人に英語は必要不可欠」「日本人は世界で一番の英語下手」「英語ができると給料アップ」「女性は英語が好き」これらの英語言説は「都市伝説」である!データが明かす、英語言説の真実。

目次

第1部 英語力・英語使用(英語力―「日本人英語話者」とはどのような人か?
教育機会―英語話者になれたのはどのような人か?
英語力の国際比較―「日本人」は世界一の英語下手か?
英語使用―どんな人が英語を使っているか?)
第2部 語学(英語学習熱―「語学ブーム」は実際どれだけのものなのか?
英語学習者数の推移―どれだけの人が英語を学んできたか?
英語以外の外国語の学習に対する態度)
第3部 仕事(必要性(1)―「これからの社会人に英語は不可欠」は本当か?
必要性(2)―英語ニーズは本当に増加しているのか?
賃金―英語ができると収入が増えるのか?
職業機会―英語力はどれだけ「武器」になるのか?)
第4部 早期英語教育(早期英語教育熱―小学校英語に賛成しているのは誰か?
早期英語学習の効果―早期英語経験者のその後は?)
データ分析に基づいた英語言説批判

出版社
商品紹介

「日本人と英語」についての様々な言説を、計量分析の手法を用いて批判的に検証し、英語学習や英語教育の実態を浮き彫りにする。

著者紹介

寺沢 拓敬 (テラサワ タクノリ)  
1982年、長野県塩尻市に生まれる。2004年、東京都立大学人文学部卒業。2013年、東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。博士(学術)。千葉商科大学非常勤講師、国立音楽大学非常勤講師を経て、日本学術振興会特別研究員PD、および、オックスフォード大学ニッサン日本問題研究所客員研究員。専門、言語社会学、応用言語学、外国語教育史。日本版総合的社会調査(JGSS)優秀論文賞、2008年。東京大学社会科学研究所SSJDA優秀論文賞、日本教育社会学会国際活動奨励賞、2013年(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)