• 本

最後の晩ごはん 〔2〕

小説家と冷やし中華

角川文庫 ふ30−2

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2015年1月
ISBNコード 978-4-04-102057-9
4-04-102057-3
税込価格 528円
頁数・縦 220P 15cm
シリーズ名 最後の晩ごはん

商品内容

要旨

兵庫県芦屋市。この街に、定食屋「ばんめし屋」はある。夜のみ営業、メニューは日替わり一種のみ、幽霊すらも常連客…。この不思議な店で、元イケメン俳優の五十嵐海里は、ただいま料理修業中。芸能人としての挫折を乗り越え、常連客で小説家の淡海とも仲良くなり、順風満帆、と思いきや、後輩の若手俳優・里中李英が店を訪れたことで、再び嵐に巻き込まれ…。人の優しさと美味しいごはんに癒される、泣けるお料理青春小説。

著者紹介

椹野 道流 (フシノ ミチル)  
兵庫県出身。1996年「人買奇談」で講談社の第3回ホワイトハート大賞エンタテインメント小説部門の佳作を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)