• 本

連続写真で見るラグビーの戦術 1

セットピース編 スクラム、ラインアウトでのスペースがある攻撃をいかに攻めるか?

出版社名 ベースボール・マガジン社
出版年月 2015年1月
ISBNコード 978-4-583-10795-0
4-583-10795-1
税込価格 1,650円
頁数・縦 143P 21cm
シリーズ名 連続写真で見るラグビーの戦術

商品内容

目次

序章 セットプレーの概論
第1章 スクラム起点の攻守
第2章 ラインアウト起点の攻守
これだけは知っておきたい!用語解説

出版社
商品紹介

『ラグビーマガジン』の好評連載をまとめたフォワード編。写真を多く使用しわかりやすい図解で展開。著者は元日本代表監督の林雅人氏。『BK編』(仮)も発売。

出版社・メーカーコメント

スクラム、ラインアウトでのスペースがある攻撃をいかに攻めるか?ラグビーマガジン掲載の大好評企画「技術をひもとく」を加筆修正したセットピース編。セットプレー(セットピース)とはラグビーは、攻撃権がそれぞれのチームに平等に与えられるスポーツではありません。ある時に何らかの要因によってボールが自分たちのものとなり、そこから攻撃が始まります。セットプレーはその名の通り、何かしらセットされた状態から始まるプレーで、スクラム、ラインアウト、ペナルティキック、フリーキック、キックオフ、ドロップアウトの6種類があります。最も効果的に攻守するにはどうすれば良いか?有利になるにはどうすれば良いか?本書で解説します。

著者紹介

林 雅人 (ハヤシ マサト)  
慶応義塾高→慶応義塾大→清水建設。現アークデザイン。大学4年時には関東大学対抗戦優勝、大学選手権準優勝。卒業後は清水建設で主将、FLとして活躍。96年〜00年度まで慶大のヘッドコーチを務め、99年度大学選手権制覇に貢献。01年〜04年度は東京ガスのヘッドコーチ。01年〜02年には日本代表コーチ、03年には日本A代表監督を務めた。05年〜06年度はサントリーのコーチングコーディネーター。07年〜10年度まで慶大監督。11年度にはNTTコミュニケーションズのヘッドコーチを務め、12年度より監督(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)