• 本

〈刑務所〉で盲導犬を育てる

岩波ジュニア新書 797

出版社名 岩波書店
出版年月 2015年2月
ISBNコード 978-4-00-500797-4
4-00-500797-X
税込価格 907円
頁数・縦 223P 18cm

商品内容

要旨

犬は教えてくれた、人は生き直せることを…。日本で初めて、刑務所で盲導犬候補の子犬を育てる試みが始まった。犬との日々は人々をどのように変えていったのか。動物との絆に秘められた可能性とは。この試みの立ち上げから7年以上にわたって取材を重ねてきた著者が綴る、希望の書。

目次

第1章 日本初のプログラムができるまで(パピーユニット
島根あさひ社会復帰促進せんたーはどんなところか ほか)
第2章 春―パピーとの出会い(パピーたちがやってきた
犬のいる生活 ほか)
第3章 夏―刑務所で犬を育てるということ(三か月めの危機
一人いなくなった ほか)
第4章 秋―再生の始まり(盲導犬歩行体験
オーラの隠し芸 ほか)
第5章 冬―犬たちの旅立ち(カウントダウン
ひと足先の修了式 ほか)

著者紹介

大塚 敦子 (オオツカ アツコ)  
フォトジャーナリスト。上智大学文学部英文学科卒業。パレスチナ民衆蜂起、湾岸戦争などの国際紛争の取材を経て、死と向きあう人びとの生き方、自然や動物との絆を活かして人や社会を再生する試みなどについて執筆。島根あさひ社会復帰促進センターの盲導犬パピー育成プログラムアドバイザー、法務省「少年院における動物(犬)介在活動等検討会」委員(平成24‐26年度)も務める。『さよなら エルマおばあさん』(小学館)で、2001年講談社出版文化賞絵本賞、小学館児童出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)