• 本

剣客大入

双葉文庫 く−20−02 鬼がらす恋芝居

出版社名 双葉社
出版年月 2015年2月
ISBNコード 978-4-575-66714-1
4-575-66714-5
税込価格 652円
頁数・縦 269P 15cm

商品内容

要旨

揚羽座に格上の花村座の花形役者、春牡丹寒次郎が訪ねてくる。曰くつきの芝居『情女濡色鐘』再演直前に脅し文が届き、座員が次々と怪死を遂げているというのだ。花村座の危機を救ってほしいと懇願する寒次郎に、恋之介は「酒と豪華弁当と広い楽屋」の破格の条件を呑ませ、魔の桧舞台に上がることに。弟子の“鬼がらす”堅四郎は剛剣で師を守り抜けるか。ドラマ『猫侍』で注目の黒木久勝が放つ痛快新シリーズ第二弾!

著者紹介

黒木 久勝 (クロキ ヒサカツ)  
1973年、大阪市出身。高校卒業後、映画『東京フィスト』のスタッフとして参加するために上京。以降、塚本晋也監督の助監督を務める。また、フリーのディレクターとして、テレビ番組制作に従事。2007年、映画『悪夢探偵』で脚本家デビュー。2015年、『剣客花道鬼がらす恋芝居(1)』(双葉文庫)で小説家デビューを飾る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)