• 本

三重県の歴史

第2版

県史 24

出版社名 山川出版社
出版年月 2015年1月
ISBNコード 978-4-634-32241-7
4-634-32241-2
税込価格 2,640円
頁数・縦 302,45P 図版5枚 20cm
シリーズ名 三重県の歴史

商品内容

要旨

一家に一冊、通史で読む郷土の歴史。地域で活躍した人物や歴史上の重要事件を、県民の視点で平易に叙述しました。市町村合併に対応。古代から現代まで、地域の歴史を凝縮!

目次

1章 三重のあけぼの
2章 古代の伊勢・伊賀・志摩
3章 中世社会の形成と展開
4章 中世社会の変容
5章 近世社会の成立
6章 人や物の移動と文化の広がり
7章 幕藩体制の危機と人びとの生活
8章 近代三重の成立
9章 現代三重の展開

著者紹介

稲本 紀昭 (イナモト ノリアキ)  
1940年、愛知県に生まれる。1969年、京都大学大学院文学研究科博士課程単位修得退学。元京都女子大学教授
駒田 利治 (コマダ トシハル)  
1948年、三重県に生まれる。1978年、立正大学大学院文学研究科修士課程修了。現在、三重県史編集委員
勝山 清次 (カツヤマ セイジ)  
1948年、石川県に生まれる。1977年、京都大学大学院文学研究科博士課程単位修得退学。現在、京都大学名誉教授
飯田 良一 (イイダ リョウイチ)  
1947年、三重県に生まれる。1974年、東洋大学大学院文学研究科日本史専攻修士課程修了。元三重県立津高等学校教諭
上野 秀治 (ウエノ ヒデハル)  
1949年、東京都に生まれる。1977年、学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻博士課程単位修得退学。現在、皇学館大学文学部教授
西川 洋 (ニシカワ ヒロシ)  
三重大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)