• 本

日本人と「日本病」について

文春学藝ライブラリー 雑英 12

出版社名 文藝春秋
出版年月 2015年2月
ISBNコード 978-4-16-813040-3
4-16-813040-1
税込価格 1,177円
頁数・縦 241P 16cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

日本はなぜみじめな敗戦を喫したのか。責任を取らない日本の体質は何に起因するのか。歴史学者と精神分析学者、二人の権威が日本人の病理を徹底分析。今なお古びないカルテを示す。

目次

唯一神と血縁(「断章取義」
神に誓って転ぶ ほか)
教えて治に至る(「本心」に姿
派閥の起源 ほか)
規範なき社会(個人主義的な自我
「なる」と「する」 ほか)
明治体制の自己矛盾(正統主義の系譜
国学とは何か ほか)
純粋信仰(日本民族を治療する
現代日本教信仰箇条 ほか)
組織と共同体(生きがいのパターン
リーダーの適否 ほか)
赤ん坊普遍主義(純粋な正義の恐ろしさ ほか)

著者紹介

山本 七平 (ヤマモト シチヘイ)  
1921(大正10)‐1991(平成3)年。東京都生れ。昭和17年、青山学院卒業、即日入営。19年、ルソン島へ派遣され、第103師団砲兵隊本部付、少尉にて終戦を迎える。戦後山本書店を創立、政治経済からマスコミ批評に至るまで活発な評論活動を展開
岸田 秀 (キシダ シュウ)  
1933(昭和8)年、香川県生れ。精神分析学者。早稲田大学文学部心理学科卒業。和光大学名誉教授。昭和52年、人間は本能の壊れた動物であり、「幻想」や「物語」に従って行動しているにすぎない、とする“史的唯幻論”を『ものぐさ精神分析』で披瀝しセンセーションを呼ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)