• 本

日本史学のフロンティア 2

列島の社会を問い直す

出版社名 法政大学出版局
出版年月 2015年2月
ISBNコード 978-4-588-32132-0
4-588-32132-3
税込価格 4,950円
頁数・縦 310P 22cm
シリーズ名 日本史学のフロンティア

商品内容

要旨

日本史学の「通説」に鋭い疑問符を突きつける!新たなパラダイムを生み出す格闘の現場。

目次

第1部 社会秩序の構築(古代中世における自然大災害と社会の転換―復旧・復興過程に着目した視点の提示
中世仏教史の“分水嶺”―ポスト「顕密体制」を探る
“障害者”への眼差し―近世日本の人間観という観点から
商人と権力が交差する都市―近世後期の大坂を事例として
土地丈量からみる近世・近代の土地把握)
第2部 生業と資源利用(江戸時代における百姓生業の多様性・柔軟性と村社会
近世後期における災害と資源利用―飢饉と温泉
漁業史研究と水産資源変動―資源保全史の再考から環境史研究へ)

出版社
商品紹介

社会の基盤をなす時代と地域の特殊性に目を向けると見えてくる小さな史実。そこを出発点にして、硬直した歴史像を刷新する先鋭的論集。

著者紹介

荒武 賢一朗 (アラタケ ケンイチロウ)  
1972年生。関西大学大学院文学研究科博士後期課程修了。東北大学東北アジア研究センター准教授。日本近世史
太田 光俊 (オオタ ミツトシ)  
1978年生。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。三重県総合博物館学芸員。織豊期の研究、三重県周辺の地域を素材とした歴史研究
木下 光生 (キノシタ ミツオ)  
1973年生。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了。奈良大学文学部准教授。日本近世の貧困史研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)