• 本

中国市場で日本の商品を「高く売る」ためのマーケティング戦略

出版社名 総合法令出版
出版年月 2015年3月
ISBNコード 978-4-86280-437-2
4-86280-437-3
税込価格 1,650円
頁数・縦 251P 19cm

商品内容

要旨

なぜ中国人は日本のブランド店やドラッグストアで“爆買い”するのか?13億人市場を「見える化」し、「仮説」に基いて戦略を立てれば、勝機は必ずある!流通・小売業に強い船井総研ならではの実践的ノウハウが満載!

目次

第1章 改めて考える、なぜ今中国なのか?(なぜ、多くの企業は中国ビジネスに希望を失ったのか?
グローバル戦略における中国の重要性は変わらない ほか)
第2章 中国市場を“見える化”する方法(中国市場はすでに成熟飽和期に入っている?
上海を狙うな、二級三級都市を狙おう ほか)
第3章 パターン別、中国市場販売で勝利する戦略(必ず理解しなくてはならない内販市場の戦略パターン
パターン1 自社で店舗を構えて直接販売する ほか)
第4章 中国ビジネスで勝つための日本人のマインド・リセット(中国ビジネスとは世界と戦うこと
日本病に陥っていませんか? ほか)

出版社
商品紹介

「自社の商品・サービスを中国市場で売る」ことを徹底に意識した実践的な手法が満載。

著者紹介

中野 好純 (ナカノ ヨシズミ)  
株式会社船井総合研究所上席コンサルタント。船井(上海)商務信息諮詢有限公司総経理。1970年生まれ。1993年、P&Gに入社し、新製品の市場導入プロジェクトのプロジェクトリーダーなどを経験。1998年船井総合研究所に入社、多くの海外関連コンサルティング案件を統括。主にクライアント企業のグローバル化、海外戦略立案の支援に従事し、特にマーケティング・販促・販路開拓を得意とする。2012年、船井総合研究所の海外拠点である船井(上海)商務信息諮詢有限公司を立ち上げ、総経理に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)