• 本

老けない人は何を食べているのか

青春新書PLAY BOOKS P−1034

出版社名 青春出版社
出版年月 2015年3月
ISBNコード 978-4-413-21034-8
4-413-21034-4
税込価格 1,080円
頁数・縦 202P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

こんな食生活の人は、実は「老ける」のが早い!食べ方しだいで見た目もカラダも変わる!

目次

第1章 肌年齢が若い人は何を食べているのか(毎日食べたい!肌を若々しく保ってくれるアノ食品
いつまでも若々しい人は、1日1コ卵を食べている ほか)
第2章 見た目が若い人は何を食べているのか(顔のたるみには、マッサージよりも「よく噛んで食べる」が効果大
薄毛は、あの「おつまみ」の食べすぎが原因だった! ほか)
第3章 カラダがサビない人は何を食べているのか(鉄をとりすぎると、カラダの細胞がサビてしまう
緑黄色野菜から、抗酸化ビタミンを無駄なくとるにはコツがある ほか)
第4章 血管年齢が若い人は何を食べているのか(甘いものの食べすぎは、動脈硬化の原因にもなる!
食後の1時間に何をするかで、老ける老けないが決まる ほか)
第5章 老ける食習慣、老けない食習慣(アンチエイジングのためには、本当は腹七分目がいい
若さを保つ「成長ホルモン」は、食事のリズムが関与する! ほか)

おすすめコメント

見た目やカラダの老いと、食事には浅からぬ関係がある。何をどう食べるかで、アンチエイジングに重要な血管年齢や活性酸素を防御するシステムに影響が出る。正しい食べ方、間違った食べ方を知り、アンチエイジングついての間違った思い込みや常識を払拭。「食事からのアンチエイジング」を提唱している著者が、カラダも見た目も老けない食べ方を紹介する。

著者紹介

森 由香子 (モリ ユカコ)  
管理栄養士。日本抗加齢医学会指導士。東京農業大学農学部栄養学科卒業。2005年より、東京・千代田区のクリニックにて、入院・外来患者の血液検査値の改善にともなう栄養指導、食事記録の栄養分析、ダイエット指導などに従事している。また、フランス料理の三國清三シェフとともに、病院食や院内レストラン「ミクニマンスール」のメニュー開発、料理本の制作などを行う。抗加齢指導士の立場からは、“食事からのアンチエイジング”を提唱している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)