• 本

紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う

出版社名 幻冬舎
出版年月 2015年2月
ISBNコード 978-4-344-02729-9
4-344-02729-9
税込価格 1,540円
頁数・縦 292P 19cm

商品内容

要旨

東京立川の米軍基地に隣接する都営住宅で、女手ひとつで育てられた伊勢崎賢治は早大大学院で建築学を学び、インドに留学、世界最大のスラムで市民運動に目覚めた。その後国際NGO職員として、内戦で疲弊した西アフリカ・シエラレオネに赴き、莫大な予算を使ってインフラ整備に尽力。ケニア、エチオピアを含め10年にわたってアフリカの開発援助に携わる。2000年から東チモールで、01年から再びシエラレオネで、03年からはアフガニスタンで武装解除を指揮した。一筋縄ではいかないテロリストとの駆け引き。

目次

第1章 塀の向こうのアメリカ
第2章 貧民窟の人道支援
第3章 流血のアフリカ
第4章 アフリカの優等生
第5章 国連PKOの内幕
第6章 武装解除
第7章 米国史上最も長い戦争
第8章 見出した出口戦略の結末
第9章 集団的自衛権と国際貢献

著者紹介

森 功 (モリ イサオ)  
1961年福岡県生まれ。ノンフィクション作家。「ヤメ検―司法に巣喰う生態系の研究」「同和と銀行」(ともに「月刊現代」連載)で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)