• 本

2050年の世界 英『エコノミスト』誌は予測する

文春文庫 エ9−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2015年3月
ISBNコード 978-4-16-790310-7
4-16-790310-5
税込価格 1,045円
頁数・縦 483P 16cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

全世界で155万人以上が購読する唯一無二の週刊誌「エコノミスト」が、明快なデータ分析と独創的な視点で“35年後の世界”を大胆予測!政治体制はどう変わるのか?新たにG7に加わる国は?産業革命は起こるのか?そして日本の未来は…?話題沸騰のグローバルエリート必読の書、待望の文庫化!

目次

第1部 人間とその相互関係(人口の配当を受ける成長地域はここだ
人間と病気の将来
経済成長がもたらす女性の機会 ほか)
第2部 環境、信仰、政府(宗教はゆっくりと後退する
地球は本当に温暖化するか
弱者が強者となる戦争の未来 ほか)
第3部 経済とビジネス(新興市場の時代
グローバリゼーションとアジアの世紀
貧富の格差は収斂していく ほか)
第4部 知識と科学(次なる科学
苦難を越え宇宙に進路を
情報技術はどこまで進歩するか ほか)

おすすめコメント

世界のグローバルエリートの新常識! バブルは再来するのか、エイズは克服できるのか、SNSの爆発的な発展の行方は……あの「エコノミスト」誌が人類の未来を大胆予測!

著者紹介

東江 一紀 (アガリエ カズキ)  
1951年生まれ。北海道大学卒。『氷の微笑』『犬の力』『ストリート・キッズ』『ライアーズ・ポーカー』『世紀の空売り』など訳書多数。2014年6月没
峯村 利哉 (ミネムラ トシヤ)  
1965年生まれ。青山学院大学卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)