• 本

名画が描く罪深き旧約聖書

ビジュアルだいわ文庫

出版社名 大和書房
出版年月 2015年3月
ISBNコード 978-4-479-30527-9
4-479-30527-0
税込価格 799円
頁数・縦 255P 15cm

商品内容

要旨

美しくも謎めいた世界のはじまり。最高芸術で描く、人類初の殺人・同性愛・不倫・裏切り。

目次

第1章 『創世記』すべてのはじまり
第2章 『出エジプト記』『ヨシュア記』モーセ登場、エジプトからの脱出
第3章 『士師記』各地に現れた賢い指導者たち
第4章 『サムエル記』『列王記』王たちの活躍
第5章 『列王記(下)』『歴代誌(下)』『預言書』ほか王国の盛衰と預言者
第6章 『エステル記』と「知恵の文学」

おすすめコメント

これはとんでもない物語! 人類初の殺人、近親相姦、不倫……。美しくも罪深い人間の欲望を最高芸術で読み解く。

著者紹介

望月 麻美子 (モチズキ マミコ)  
慶應義塾大学で美学美術史を学び、学芸員資格取得。美術出版社にて森美術館、東京都現代美術館、川村記念美術館などの展覧会カタログを主に手掛け、現在、フリーランスとしてギャラリーやアートフェアのカタログ編集、展覧会音声ガイドのナレーション原稿を数多く執筆
三浦 たまみ (ミウラ タマミ)  
1974年千葉県生まれ。18歳の頃から主に海外の美術館の企画展巡りをはじめる。編集者、ライターとし活動後は、人形作家のインタビューに数多く携わり、ルーブル美術館内で開催された「SNBA展」に記者として参加。その他、アート関連、ビジネス関連の単行本や雑誌の編集・執筆に数多く携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)