• 本

順説の古代史 中

日の本の外交と渡来人

出版社名 BRLM高速学習アカデミー
出版年月 2015年3月
ISBNコード 978-4-907895-53-2
4-907895-53-4
税込価格 1,598円
頁数・縦 159P 図版16P 19cm
シリーズ名 順説の古代史

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

葬儀の場に、「泣き女」がいたのはなぜ?弥生土器って名付けられた理由は?「記紀」に邪馬台国や卑弥呼の記述がないのは不思議?卑弥呼が魏から「親魏」の称号を与えられたのはなぜ?「魔鏡」現象、「ヒメヒコ制」って何のこと?仏教に反対した豪族たちがこぞって立派な寺院を建てたのはなぜ?出雲大社、宇佐神宮が二礼四拍一礼なのはなぜ?目からウロコ!さあ、あなたの蘊蓄を傾けて下さい。

目次

プロローグ 邪馬台国と卑弥呼
第1部 弥生時代(弥生時代の人々の暮らし
青銅器と鉄器の伝来
海外との交流
弥生時代のことの東アジア
倭王の朝貢)
第2部 古墳時代(古墳の出現と連合国家
大和政権と東アジア
古墳の変化と人々の暮らし
国内外の混乱)
第3部 飛鳥時代(仏教伝来
言葉と文字の発達
聖徳太子の国づくり
中大兄皇子と大化の改新
律令国家の完成)

著者紹介

吉岡 節夫 (ヨシオカ セツオ)  
1953年、島根県松江市生まれ。BRLM高速学習アカデミー学院長。日本応用心理学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)