• 本

マイクロワールド 上

ハヤカワ文庫 NV 1335

出版社名 早川書房
出版年月 2015年3月
ISBNコード 978-4-15-041335-4
4-15-041335-5
税込価格 950円
頁数・縦 450P 16cm
シリーズ名 マイクロワールド

商品内容

要旨

ケンブリッジ大学で生物学を専攻する院生のピーター・ジャンセンは、仲間六人と先端研究にいそしんでいた。そんな若き科学者たちは、新薬開発を行なうベンチャー企業Nanigenマイクロテクノロジーズにリクルートされ、ハワイの謎めいた研究所に招かれる。彼らはそこで“テンソル・ジェネレーター”の存在を知ってしまうのだが…。巨匠の死後発見された未完の遺稿を練達のサイエンス・ライターが書き継いだ、最後の傑作。

おすすめコメント

巨匠が遺した最後の傑作スリラー!ハイテク企業により、極小の体にされた学生たち。密林に放り込まれた彼らの運命は?

著者紹介

クライトン,マイクル (クライトン,マイクル)   Crichton,Michael
1942年、イリノイ州シカゴ生まれ。ハーバード大学で人類学を専攻後、ハーバード・メディカル・スクールを卒業。在学中からミステリを書きはじめ、1968年に発表した『緊急の場合は』でアメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞を受賞し、69年の『アンドロメダ病原体』が世界的なベストセラーとなる。その後、次々と話題作を世に送り出し、その著作のほとんどが映画化された。また、自らも映画監督として活躍した経験をもつほか、人気TVドラマシリーズ『ER』の製作者としても知られた
プレストン,リチャード (プレストン,リチャード)   Preston,Richard
1954年、マサチューセッツ州生まれ。プリンストン大学で英文学を専攻。ジャーナリストとして活躍し、1994年に発表した『ホット・ゾーン』は、エボラ・ウイルスの脅威を描いたノンフィクションで、世界的なベストセラーとなる
酒井 昭伸 (サカイ アキノブ)  
1956年生、1980年早稲田大学政治経済学部卒、英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)