• 本

足利学校の研究 新装版

増補新訂

出版社名 吉川弘文館
出版年月 2015年4月
ISBNコード 978-4-642-02924-7
4-642-02924-9
税込価格 22,000円
頁数・縦 323P 図版58P 27cm

商品内容

目次

第1章 足利学校の創設(上杉憲実関与以前の足利学校
上杉憲実の学校建設)
第2章 室町時代における足利学校(室町時代の文献に見えたる足利学校
室町時代における足利学校の所在地 ほか)
第3章 室町時代における足利学校の教学目的とその存在意義(学校における数学目的
学校出身者の社会的地位 ほか)
第4章 慶長時代における足利学校(慶長時代における足利学校出身者の活動
第十世庠主寒松とその門弟)
第5章 江戸時代(寛永以後)の足利学校(江戸時代における足利学校の存在意義
江戸時代における学校施設の変遷)
附章 足利学校の蔵書目録(学校に現存する江戸時代書写の蔵書目録
学校外に現存する江戸時代の学校蔵書目録)
附録

出版社・メーカーコメント

“日本最古の学問所”を究める不朽の名著を四十年ぶりに完全復刻。膨大な史資料を精査して詳述。蔵書目録・索引・追補・解説付。

著者紹介

川瀬 一馬 (カワセ カズマ)  
明治39年東京生まれ。東京高等師範学校、東京文理科大学国語国文学科卒業。昭和25年青山学院女子短期大学教授。昭和40年文化財保護審議会専門委員。青山学院女子短期大学名誉教授。静岡英和女学院短期大学学長、財団法人大東急記念文庫理事、五島美術館理事、財団法人阪本龍門文庫理事長などを歴任。平成11年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)