• 本

メディア・モンスター 誰が「黒川紀章」を殺したのか?

出版社名 草思社
出版年月 2015年4月
ISBNコード 978-4-7942-2119-3
4-7942-2119-3
税込価格 2,970円
頁数・縦 615,9P 19cm

商品内容

要旨

カプセルホテル、情報化、ノマド―。天才的自己宣伝と未来予測で昭和を駆け抜けた稀代のメディア・スターKUROKAWA KISHO。その謎にみちた行動の真相に、初めて迫る!

目次

第1章 ドン・キホーテ
第2章 ガガーリン・クロカワ
第3章 建築界の「鉄腕アトム」
第4章 狼がやってきた
第5章 ジャパン・アズ・ナンバーワン
第6章 共生の思想
第7章 サムライ

おすすめコメント

建築家・黒川紀章を「メディアによる自己宣伝」という観点で6年もの歳月をかけて関係者に取材してたどるノンフィクション。「饒舌過ぎる男」と言われるほどメディアに露出し、語り、数多くの本を出版したにもかかわらず、黒川の人生には謎が多い。現代のメディア・スター「堀江貴文」などに近い。「メディア・モンスター」と呼ばれた彼の人生をひも解くと、情報の流れ、影響力が「公」から「個」へ、マスメディアからソーシャルメディアへとフラット化する時代の流れが浮かび上がる。未公表の事実や証言を元に、高度成長期をメディアの中で駆け抜けたスター建築家の人生から、「誰でもメディア」時代を翻弄されながら生きる大衆の姿もまたモンスターのように浮かび上がる。

著者紹介

曲沼 美恵 (マガヌマ ミエ)  
1970年福島県生まれ。福島大学卒業後、1993年日本経済新聞社入社。記者として東京都の行政や雇用問題、教育問題、脳死臓器移植問題等の取材に携わる。2002年からフリーランスとなり、経営誌、ネット媒体にて企業経営や人材マネジメントに関する記事、人物インタビューを中心に執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)