• 本

ナポレオンに背いた「黒い将軍」 忘れられた英雄アレックス・デュマ

出版社名 白水社
出版年月 2015年5月
ISBNコード 978-4-560-08426-7
4-560-08426-2
税込価格 3,960円
頁数・縦 346,87P 20cm

商品内容

要旨

文豪デュマ・ペールの父にして、「有色人種」で初めて将軍に昇進したデュマは、捕虜となって牢獄に囚われてしまう…。『モンテ・クリスト伯』のモデルとなった風雲児の数奇な生涯、「革命と戦争の時代」を活写する歴史読物!ピュリツァー賞「伝記部門」受賞作品。

目次

第1部(砂糖工場
黒人法典
ノルマン征服 ほか)
第2部(革命の夏
“血による再生”
“黒人の心臓も自由を求めて鼓動する” ほか)
第3部(遠征の指導者
「共和主義という譫言」
炎上する夢 ほか)

おすすめコメント

文豪デュマ・ペールの父にして、「黒人」で初めて将軍になったアレックスは、牢獄に囚われてしまう…。『モンテ・クリスト伯』のモデルとなった風雲児が生きた、革命と戦争の時代を活写する。

著者紹介

リース,トム (リース,トム)   Reiss,Tom
歴史学者・伝記作家。1964年ニューヨーク生まれ。ハーヴァード大学で歴史を専攻。卒業後日本に一年間滞在し、ロックバンドを結成、ヤクザ映画に出演した経験もある。ヒューストン大学でクリエイティブ・ライティングを学ぶ。『ニューヨーカー』や『ニューヨーク・タイムズ』などに寄稿多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)