• 本

モナ・リザ・コード

出版社名 柏書房
出版年月 2015年5月
ISBNコード 978-4-7601-4578-2
4-7601-4578-8
税込価格 2,640円
頁数・縦 367P 20cm

商品内容

要旨

世界で最も有名な絵画「モナ・リザ」―そのモデルとなった人物は、どんな女性だったのか?ダヴィンチ、メディチ家とのかかわりを軸にルネサンス最盛期フィレンツェの優雅な人間模様を描き、これまで謎に包まれてきた実在のモデルの素顔をはじめて解き明かす、圧巻のノンフィクション。

目次

第1部 ゲラルディーニ家の血筋―紀元前五九〜一四七八(心の炎
顔のない声
「だれが幸せになれるか…」)
第2部 フィレンツェのある女性―一四七九〜九九(ルネサンス期の娘
金銭と美貌
結婚仲介業
商人の妻)
第3部 新しい世紀―一五〇〇〜一二(新時代の始まり
肖像画の制作が進行中
家族の事情)
第4部 メディチ家の勝利―一五一三〜七九(立ち上がるライオン
死の大海)
第5部 世界で最も有名な絵画(マダム・リサの冒険
最後の微笑)

出版社
商品紹介

世界で最も有名な絵画のモデルとなった女性の知られざる生涯がこの本で明らかに。圧巻のノンフィクション、いよいよ日本上陸。

著者紹介

ヘイルズ,ダイアン (ヘイルズ,ダイアン)   Hales,Dianne
ノンフィクション・ライター。さまざまな新聞・雑誌に寄稿(「ニューヨーク・タイムズ」など)するとともに、編集(「レディーズ・ホーム・ジャーナル」など)にもたずさわっている。『世界で最も美しい言語・イタリア語(La Belle Lingua:My Love Affair with Italian,the World’s Most Enchanting Language)』で、イタリア大統領から名誉勲章を贈られた。アメリカ・カリフォルニア州在住
仙名 紀 (センナ オサム)  
翻訳家。1936年東京都生まれ。上智大学新聞学科卒業後、朝日新聞社に入社、主として出版局で雑誌編集に携わった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)