• 本

集団的自衛権とイスラム・テロの報復

出版社名 青灯社
出版年月 2015年4月
ISBNコード 978-4-86228-079-4
4-86228-079-X
税込価格 1,540円
頁数・縦 204P 19cm

商品内容

要旨

平和国家から軍事優先国家へ。日本の大転換、日本人が標的に―安倍首相によって、自主憲法・自主防衛・自主外交という「岸ドクトリン」の亡霊が蘇り、大日本主義復活の可能性が懸念される。イスラム世界に親しまれてきた日本が、いま集団的自衛権で米国と協調することによって新たに敵視されようとしている。

目次

はじめに 中東からの声
1 集団的自衛権の何が問題か?
2 中東とどう関わるか
3 オバマのドローン戦争―無人機による暗殺作戦
4 アラブ・イスラーム世界から見た日本の集団安全保障政策
おわりに 中東イスラム世界の流動化と日本人

著者紹介

宮田 律 (ミヤタ オサム)  
現代イスラム研究センター理事長。1955年生まれ。慶応義塾大学大学院文学研究科史学専攻修了。UCLA大学院(歴史学)修了。専門は現代イスラム政治、イラン政治史
山本 武彦 (ヤマモト タケヒコ)  
早稲田大学名誉教授。現代イスラム研究センター副理事長。1943年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修了。早稲田大学政治経済学術院教授、米国ジョージア大学客員教授、オックスフォード大学客員研究員、ハーバード大学研究員等を歴任。博士(政治学)。著書『安全保障政策』(日本経済評論社、日本公共政策学会2010年度作品賞受賞)ほか
木村 修三 (キムラ シュウゾウ)  
神戸大学名誉教授。1934年生まれ。早稲田大学政経学部卒。参議院外務委員会調査室主任調査員、神戸大学法学部教授(国際関係論専攻)、姫路獨協大学学長など歴任。専門分野は軍備管理・軍縮問題と中東の国際関係
水谷 周 (ミズタニ マコト)  
アラブイスラーム学院学術顧問、日本ムスリム協会理事、現代イスラム研究センター理事。1948年生まれ。京都大学文学部卒、カイロ大、ロンドン大を経て博士(中東史、ユタ大)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)