• 本

このレシピがすごい! 伝説の名レシピを読み解く

扶桑社新書 181

出版社名 扶桑社
出版年月 2015年5月
ISBNコード 978-4-594-07254-4
4-594-07254-2
税込価格 858円
頁数・縦 199P 18cm

商品内容

要旨

辰巳芳子、土井善晴、栗原はるみ、檀一雄、野崎洋光ほか、なぜ、あのレシピは素晴らしいのか?料理研究家にしてレシピ本研究家の著者が、名人たちがレシピに込めた思い、技、アイデアを考察する。読めば料理が上手くなる異色の食エッセイ。

目次

たなかれいこ 蓮根のはさみ揚げ―美味であることに向き合うリアルな自然志向
土井善晴 サンマの塩焼き―徹底して丁寧に、真摯に
米沢亜衣 豚のカリフラワー煮―優しくたくましい、太陽と土とともにある手料理
栗原はるみ たこの香味サラダ―食べ手を喜ばせる類まれなセンス
有元葉子 絹さやだけのみそ汁―具はさやえんどうだけ。でもたまらなくうまい!
奥薗壽子 豚の角煮―合理的精神と批評性に貫かれた驚異の角煮
奥薗壽子 黒豆―黒豆レシピの歴史を更新する画期的な逸品
佐藤雅子 小あじの牛乳漬け―ヨーロッパ流の保存食と和食の伝統が折り合った稀有な料理
阿部なを にしんの醤油漬け―下処理で姿を現す格別のおいしさ
辰巳芳子 煮サラダ―親子二代の手で完成された夏料理の王様〔ほか〕

出版社・メーカーコメント

古今の名レシピの“すごさ”を解剖する異色の食エッセイ 土井善晴、栗原はるみ、たなかれいこ、有元葉子、野崎洋光…希代のレシピ名人たちの逸品を、料理研究家にしてレシピ本コレクターの著者が考察。その思い、発想、技に迫る!

著者紹介

土屋 敦 (ツチヤ アツシ)  
料理研究家、ライター。1969年東京都生まれ。慶応大学経済学部卒業。出版社勤務、京都での主夫生活を経て中米各国に滞在し、ホンジュラスで災害支援NGOを立ち上げる。その後佐渡島で半農生活を送りつつ、情報サイト・オールアバウトの「男の料理」ガイドを務める。また週刊誌等で書評を執筆。現在、書評サイトHONZ編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)