• 本

THE保護者対応 小学校編

シリーズ「THE教師力」

出版社名 明治図書出版
出版年月 2015年6月
ISBNコード 978-4-18-347715-6
4-18-347715-8
税込価格 1,870円
頁数・縦 140P 19cm

商品内容

要旨

保護者との信頼関係を築く大切なポイントとは?初めの第一歩が勝負!低学年ならではのポイント。学校のことをあまり話さなくなる?中〜高学年ならではのポイント。苦情・クレームの多い保護者との関係づくり。保護者と信頼感のある協力体制を築く取り組み。

目次

第1章 保護者対応―低学年編(初めの第一歩が勝負、1年生の保護者対応
「学級通信」で保護者との絆をつなぐ!―すばらしい教育集団の構築を!
「クレーム」はありがたい「チャンス」―傾聴こそ理解への道
書いたもので保護者とつながる―連絡帳と学級通信
低学年の子どもを持つ保護者への対応 ほか)
第2章 保護者対応―中・高学年編(笑顔と気配りで関係づくり
苦情の多い保護者とのつきあい方
経験から学ぶ保護者対応の基本
「対応」を考えているうちはうまくいかない。子どものために積極的に動く姿勢を
一人一人の保護者とつながるチャンネルを持つ―自分でもできるという発想とツールに出会う ほか)

おすすめコメント

「保護者対応の大切なポイントとは?」低学年の関係づくりのスタートから、子どもが学校のことをあまり話さなくなる中〜高学年のポイント、苦情・クレームの多い保護者との関係づくりまで。「保護者と双方向の信頼を築く」ポイントを多様な実践例をまじえて紹介します。

著者紹介

多賀 一郎 (タガ イチロウ)  
神戸大学附属住吉小学校を経て私立小学校に長年勤務。現在、追手門学院小学校講師。専門国語教育。親塾など、保護者教育に力を注いでいる。また、教師塾やセミナー等で、教師が育つ手助けをしている。絵本を通して心を育てることもライフワークとして、各地で絵本を読む活動もしている
大野 睦仁 (オオノ ムツヒト)  
1966年生まれ。現在、北海道札幌市立厚別通小学校勤務。「教師力BRUSH‐UPセミナー」事務局長。札幌市近郊教育サークル「GO‐AHEAD」代表。養護学校勤務時代の経験を活かした命の授業をライフワークとしながら、学習者主体の教室づくりを模索中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)