• 本

ライプニッツ著作集 第2期1

哲学書簡 知の綺羅星たちとの交歓

出版社名 工作舎
出版年月 2015年5月
ISBNコード 978-4-87502-463-7
4-87502-463-0
税込価格 8,800円
頁数・縦 447,6P 22cm
シリーズ名 ライプニッツ著作集

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

偉才・奇才・天才がひしめく17‐18世紀、電話もeメールもない時代に1300人もの哲学者・数学者・神学者、さらには政治家や貴婦人たちと手紙を交わしていたゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ。膨大な往来信の中から、ライプニッツの思想を彫琢した師・先達・ライヴァル・共感者との書簡を精選。バロックの哲人の思想形成プロセスや、サロンの貴婦人たちと共にした喜怒哀楽が、300年の時空を超えて今鮮やかに甦る。

目次

第1部 学者の共和国(ヤコプ・トマジウスとの往復書簡(1663‐1668)
ホッブズ宛書簡(1670・1674)
スピノザとの往復書簡とスピノザ注解(1671‐1678)
初期アルノー宛書簡(1671)
マルブランシュとの往復書簡(1676‐1712)
ベールとの往復書簡(1687‐1702))
第2部 サロン文化圏(ハノーファー選帝侯妃ゾフィーとの交流(1696‐1705)
ゾフィー・シャルロッテ宛書簡(1702‐1704)
マサム夫人との往復書簡(1704‐1705))

著者紹介

酒井 潔 (サカイ キヨシ)  
1950年生。学習院大学教授。哲学専攻
佐々木 能章 (ササキ ヨシアキ)  
1951年生。東京女子大学教授。哲学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)