• 本

家庭医という選択 19番目の専門医

出版社名 エイチエス
出版年月 2015年6月
ISBNコード 978-4-903707-58-7
4-903707-58-X
税込価格 1,815円
頁数・縦 189P 20cm

商品内容

要旨

内科も外科も小児科も、予防・在宅医療まで「全身まるごと」診てくれる医師。それが家庭医です。

目次

第1章 家庭医療の先駆者(海外で学び、日本で実践―岡田唯男
日本で模索し、海外で振り返る―藤沼康樹)
第2章 家庭医に魅せられた医師たち(生き方が映し出される医療―西村真紀
脳神経外科医から総合診療医へ―臺野巧)
第3章 家庭医にしかできない仕事(大学で家庭医を育てる―前野哲博)
第4章 プライマリ・ケアと家庭医のこれから 対談(日本の医療を支える力に―丸山泉・草場鉄周)

著者紹介

舟見 恭子 (フナミ キョウコ)  
ライター。1962年生まれ、埼玉県出身。東京の編集プロダクションでパンフレットや書籍などの企画・制作を経験。1996年、夫の郷里である札幌に移住。以後、広告・雑誌・ウェブサイト等の取材および原稿制作に従事。北海道大学大学院情報科学研究科や、同大学院医学研究科のウェブサイト等の科学ジャーナルも多数担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)