• 本

折にふれて きものの四季

出版社名 文化学園文化出版局
出版年月 2015年6月
ISBNコード 978-4-579-21238-5
4-579-21238-X
税込価格 3,080円
頁数・縦 187P 22cm

商品内容

要旨

芹沢〓(けい)介、小島悳次郎、柚木沙弥郎、平良敏子、柳悦孝、伊兵衛織、品川恭子、龍村平藏…「きもの」で触れる工藝の世界。月刊誌「ミセス」の好評連載、「清野恵里子のきもの随想/きもの歳時記」をまとめた一冊。

目次

春(麗らかな午後
節分の夜
春たけなわの ほか)
夏(雨の日文庫
白丹波の静けさに
モノクロームの写真から ほか)
秋(芙蓉の葉に
秋草の押物
布が教えてくれること ほか)
冬(毛糸玉
華の布に
マイ・フェイバリット ほか)

著者紹介

清野 恵里子 (セイノ エリコ)  
群馬県出身、文筆家。独自の美意識に貫かれた「きものの取合せの妙」には定評があり、古美術や工藝、食など、ジャンルを超えた世界に旺盛な好奇心を向け、雑誌の企画、構成、執筆活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)