• 本

中国グローバル化の深層 「未完の大国」が世界を変える

朝日選書 934

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2015年6月
ISBNコード 978-4-02-263034-6
4-02-263034-5
税込価格 1,980円
頁数・縦 411,62P 19cm

商品内容

要旨

中国は近年、アフリカでの鉱物採掘、欧州との貿易、中東の油田、ラテンアメリカでのアグリビジネス、東アジアに工場…世界各地にその足跡をつけている。経済活動が活発な一方、軍事力を近代化・増強し、文化的影響を世界に広めようともしている。そんな中国に対し、国際社会はグローバル・ガバナンスにおいて応分の役割や責任を期待する。長年のチャイナ・ウォッチャーとして定評のある著者は、中国は「未完の大国」と明言する。一般に思われているほど重要ではないし、世界への影響力もそれほど大きくない―と。何が中国を突き動かすのか?中国が本物の覇権国家になる日は来るのか?膨大な資料をもとに、外交、経済、軍事、文化、グローバル・ガバナンスなどを多角的・多面的に検証し、中国の実情と世界の未来を探る。

目次

第1章 中国のグローバル・インパクトを理解する
第2章 中国のグローバル・アイデンティティー
第3章 国際社会における中国の外交プレゼンス
第4章 中国とグローバル・ガバナンス
第5章 世界経済での中国のプレゼンス
第6章 世界における中国の文化的プレゼンス
第7章 世界の安全保障における中国のプレゼンス
第8章 グローバル化した中国に対して

出版社
商品紹介

中国は本当に「大国」になったのか?世界的な影響力の浸透度は?外交、経済、文化、安全保障など多角的に中国を解き明かす。

著者紹介

シャンボー,デイビッド (シャンボー,デイビッド)   Shambaugh,David
米ジョージ・ワシントン大学教授(政治学・国際関係論)。同大学エリオット国際関係大学院中国政策プログラムの創設者・ディレクター。米ブルッキングス研究所北東アジア政策研究センターおよび外交政策研究プログラムの上級客員研究員。米外交問題評議会(CFR)、英国際戦略研究所(IISS)の会員
加藤 祐子 (カトウ ユウコ)  
東京生まれ。英オックスフォード大学国際関係論修士。朝日新聞記者、国連本部職員、CNN日本語版ウェブサイト、gooニュース編集長を経て、現在はBBCワールドジャパンのデジタル・エディター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)