• 本

盲導犬クイールの一生

新装版

文春文庫 あ69−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2015年6月
ISBNコード 978-4-16-790396-1
4-16-790396-2
税込価格 715円
頁数・縦 221P 16cm

商品内容

要旨

「人間らしい歩き方を思い出させてくれた」との言葉を残して、パートナー(使用者)はこの世を去った。盲導犬クイールの、生まれた瞬間から、暖かい夫婦のもと息をひきとるまでをモノクロームの優しい写真と文章で綴る。映画化、ドラマ化もされた感動の記録。解説・多和田悟。新たに秋元良平「出版から十五年が過ぎて」を収録。

目次

クイール誕生
育ての親、パピーウォーカー
トレーニングのはじまり
盲導犬として
新しい仕事
さよなら、クイール

おすすめコメント

あの感動をふたたび。――新装版! この世に生まれ、盲導犬となった一匹の犬は、見守られながら息を引き取った。いまなお多くの人の心に温かさを点し続ける感動の名作。

著者紹介

石黒 謙吾 (イシグロ ケンゴ)  
1961年金沢市生まれ。著述家・編集者
秋元 良平 (アキモト リョウヘイ)  
1955年生まれ。東京農業大学蓄産学科卒業後、新聞社写真部契約カメラマンを経て、フリーランスフォトグラファーの後、秋元良平写真事務所設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)