• 本

21世紀の自由論 「優しいリアリズム」の時代へ

NHK出版新書 459

出版社名 NHK出版
出版年月 2015年6月
ISBNコード 978-4-14-088459-1
4-14-088459-2
税込価格 858円
頁数・縦 232P 18cm

商品内容

要旨

日本にはリベラルや保守がそもそも存在するのか?ヨーロッパの普遍主義も終わりを迎えているのではないか?未来への移行期に必須の「優しいリアリズム」とは何か?―「政治哲学」不在の日本、混迷を極めるヨーロッパ、ネットワーク化された世界に生まれた共同体の姿を描き、「非自由」で幸せな在り方を考える。ネットの議論を牽引する著者が挑む新境地!

目次

第1章 日本でいま何が起きているのか―「リベラル」「保守」「ネット右翼」(保守化する「リベラル」
マイノリティ憑依とゼロリスク幻想
「保守」が抱える二つのジレンマ ほか)
第2章 ヨーロッパの普遍主義は終わった(中心の消滅とリベラリズムの崩壊
コミュニタリアニズムの限界
自由と平等のトレードオフ)
第3章 移行期をどう生きるか(「冷たいリアリズム」から「優しいリアリズム」へ
ネットワーク共同体の可能性)

おすすめコメント

“ネトウヨ”に“お花畑サヨク”、更には「イスラム国」まで。ネット以後の国民国家の機能の衰えにより、かつて人々を束ねた絶対的正義が死に絶え、個々の“正義”が乱立する。現在のこの危険な状況に、どう対処していけばいいのか。正義なき今を生きるための見取り図を示す。

著者紹介

佐々木 俊尚 (ササキ トシナオ)  
1961年兵庫県生まれ。作家・ジャーナリスト。毎日新聞社で12年あまり事件記者を務めた後、月刊アスキー編集部に移籍。独立後フリージャーナリストに。ITと社会の相互作用と変容、ネットとリアル社会の衝突と融合を主なテーマとして執筆・講演活動を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)