• 本

精神保健福祉士〈PSW〉の魅力と可能性 精神障碍者と共に歩んできた実践を通して

第3版

プラクティス 2

出版社名 やどかり出版
出版年月 2015年6月
ISBNコード 978-4-904185-31-5
4-904185-31-5
税込価格 2,420円
頁数・縦 256P 21cm
シリーズ名 精神保健福祉士〈PSW〉の魅力と可能性

商品内容

目次

第1章 価値の養成―PSW「青木聖久」が誕生するまで(社会的背景と歴史 PSWである前に1人の人間として「青木聖久」を知っていただくことの意味
淡路島で過ごしたごんたな少年時代 ほか)
第2章 病院PSW実践―精神科病院のPSWとしての約14年間(PSW人生のスタートは岡山県から
自由にいろいろとやらせてくれた神戸でのPSW実践)
第3章 地域PSW実践―だれもが、自分が住みたい地域づくりを目指して(昼間の「居場所」の大切さを意識するようになった理由
市民団体づくり―組織を彩る人たちとの歩み ほか)
第4章 社会へ伝えたい(実習生が入院中の西さんからもらったメッセージ
障碍受容の葛藤を乗り越えて障害年金を受給した和田さん ほか)

著者紹介

青木 聖久 (アオキ キヨヒサ)  
1965年兵庫県淡路島生まれ。1984年兵庫県立津名高等学校卒業。1988年日本福祉大学社会福祉学部卒業。PSWを続けながら社会人学生として2004年京都府立大学大学院福祉社会学研究科修士課程修了。2012年龍谷大学大学院社会学研究科博士後期課程修了。大学卒業後、岡山、神戸の民間精神科病院のPSWを14年あまり勤める。その後、2002年4月〜2006年3月NPO法人居場所サポートセンター西明石(作業所)所長。2004年4月〜2006年3月神戸親和女子大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)