• 本

聖の青春

角川文庫 お49−9

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2015年6月
ISBNコード 978-4-04-103008-0
4-04-103008-0
税込価格 691円
頁数・縦 421P 15cm

商品内容

要旨

純粋さの塊のような生き方と、ありあまる将棋への情熱―重い腎臓病を抱えながら将棋界に入門、名人を目指し最高峰のリーグ「A級」での奮闘のさなか、29年の生涯を終えた天才棋士村山聖。名人への夢に手をかけ、果たせず倒れた“怪童”の歩んだ道を、師匠森信雄七段との師弟愛、羽生善治名人らライバルたちとの友情、そして一番近くから彼を支えた家族を通して描く、哀哭のノンフィクション。第13回新潮学芸賞受賞。

目次

第1章 折れない翼(発病
不思議なゲーム
腕だめし
親族会議)
第2章 心の風景(師匠
奇妙な生活
奨励会
前田アパート
終盤伝説)
第3章 彼の見ている海(デビュー
天才と怪童
一夜の奇跡
殴り合い
初挑戦)
第4章 夢の隣に(自立のとき
よみがえる悪夢
強行退院
ライバルと友情と)
第5章 魂の棋譜(帰郷
手術
鬼手
宇宙以前へ)

おすすめコメント

重い腎臓病を抱えつつ将棋界に入門、名人を目指し最高峰リーグ「A級」で奮闘のさなか生涯を終えた天才棋士、村山聖。名人への夢に手をかけ、果たせず倒れた“怪童”の生涯を描く。第13回新潮学芸賞受賞。

著者紹介

大崎 善生 (オオサキ ヨシオ)  
1957年札幌市生まれ。2000年、デビュー・ノンフィクションでもある『聖の青春』で新潮学芸賞を、翌年には第2作『将棋の子』で講談社ノンフィクション賞を受賞。また、02年には初の小説作品『パイロットフィッシュ』で吉川英治文学新人賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)