• 本

日本の歴史 11

黒船と開国 江戸時代後期

角川まんが学習シリーズ

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2015年6月
ISBNコード 978-4-04-101504-9
4-04-101504-9
税込価格 880円
頁数・縦 223P 19cm
シリーズ名 日本の歴史

商品画像

商品内容

要旨

第11代将軍家斉のころ、江戸の町人文化が花開き、地方にまで広がっていきました。しかし、1853年、アメリカ使節ペリーが黒船を率いて浦賀に来航し、開国を求めると、日本は混乱の時代に入っていきます。外国人を排除しようという攘夷の声は、天皇を尊ぶ尊王思想と結びつき、尊王攘夷運動が盛んになります。大老井伊直弼は、反対派を弾圧しますが、桜田門外の変で倒れ、幕府の力は急速におとろえていきます。

目次

第1章 外国船の出現と天保の改革(天保の飢饉と打ちこわしの増加
異国船打払令と大塩の乱
蛮社の獄
水野忠邦と天保の改革)
第2章 黒船がやってきた!(ペリー来航
日米和親条約―鎖国の終わり
不平等な日米修好通商条約
安政の大獄)
第3章 尊王攘夷(桜田門外の変
皇女和宮の降嫁―公武合体
開国か、攘夷か
禁門の変)
第4章 江戸幕府の終わり(倒幕への動き
坂本龍馬と薩長同盟
最後の将軍徳川家康
大政奉還)
もーっと歴史が分かる!わくわく特別授業(なるほど図解「『黒船』五大ヒミツ」
ここに注目「お金の歴史」
おしえて!先生(Q&A)・年表)